So-net無料ブログ作成
検索選択

不眠症-環境のカテゴリ記事一覧

スリープドクターズピロー
陽だまりの休息

カテゴリ:不眠症-環境

不眠症-環境のカテゴリ記事一覧。夜、眠りたいのに眠れない!辛い眠れない夜。朝までグッスリ眠りたいのに・・・そんな眠れない不眠症の解消を一緒に考えてみましょう。
127879.jpg ..

不眠症-環境
私も以前不眠に悩んでいたことがあります。その時は知り合いの心療内科の先生に相談し、入眠剤マイスリー5mgを処方してもらいました。不眠症に悩んでいる人の中には、以..

記事を読む

0-13 - コピー.jpg ..

不眠症-環境
不眠症解消効果編!眠れる環境作り不眠症に悩んでいる人の中には薬に頼ってしまう人も多いでしょう。なぜなら薬に頼る方が手っ取り早いからです。グッスリ寝れるからです。..

記事を読む

不眠症を解消するための環境作り

127879.jpg
私も以前不眠に悩んでいたことがあります。
その時は知り合いの心療内科の先生に相談し、入眠剤マイスリー5mgを処方してもらいました。

不眠症に悩んでいる人の中には、以前の私のように薬に頼ってしまう人も多いでしょう。
なぜなら薬に頼る方が手っ取り早いからです。グッスリ寝れるからです。

しかし薬離れをしていくために、日頃から眠れるための環境を整えておくことも大事なようです。少し調べてみることにしました。お知らせします。

まず、快適に眠れるような寝室作りです。0ffdce76bb46e54b4ce5b05dc653be07_m.jpg

睡眠をとるのに適した部屋の温度は、
夏は23~25度、冬場は13~15度、湿度は50~60%なんだそうです。この調節はエアコンに頼るしかないですかね?

次に、部屋が明るいと気になって眠れない人もかなりいらっしゃいます。私もそうです。眠るときは全ての電気は消して寝ます。明かりが気になるんですね。

これは理に適っていて、眠るためのメラトニンというホルモンは、明るいと分泌されにくい傾向があるようです。寝室はできるだけ暗くしたほうが良いようです。
でも暗闇は危険です。気をつけてください。足元にはホテルみたいにちょっとした明かりがあると便利かも・・・

それから音です!都会に住んでいると何かと生活音がウルサイもんです。
車や電車の音、酔っ払いの叫び声、などなど。
田舎にあるような自然な音とはかなり違います。これなら癒しになるんでしょうが・・・

生活音を遮断するため防音シートを貼るなどの方法もありますがお金がかかりすぎます。
そこで一つの方法として、リラックス出来る音楽を低音で流してみるのも効果的です。
8f2fc0b7b0cbdc999abfaaa951e08450_s.jpg
また、リラックスする香りを利用するアロマテラピーも効果的なようです。
アロマテラピーでは、交感神経をリラックスさせる効果のあるラベンダーの香りが不眠症にも効くとされています。

方法としては、少量のアロマオイルをベッドカバーなどにふりかけたり、枕元に置いたりするだけで、効果が期待できるようですよ。

さていくつか調べた結果を少しだけですが述べてきました。いかがですか?

寝室の環境作りは、部屋の模様替えなど電気代も含めお金が絡んでくることになります。
あまりお金をかけすぎないよう自分にあったことを取り入れてみてはどうでしょうか。


私はよく興奮して眠れなくなる時があるので入眠剤服用をやめてからは、いつやらかしてもいいようにこんな秘密兵器を常備しています^^

不眠症・睡眠障害の方に!天然ハーブから生まれた「マインドガードDX」

マインドガードDX粒タイプ

これがあると家族も共に飲用でき安心の上に更に重宝してますよー


 カテゴリ

不眠症を解消する眠れる環境作り

0-13 - コピー.jpg
不眠症解消効果編!眠れる環境作り

不眠症に悩んでいる人の中には薬に頼ってしまう人も多いでしょう。
なぜなら薬に頼る方が手っ取り早いからです。グッスリ寝れるからです。
実は私もそうだったんです!

私は、入眠剤マイスリー5mgを知り合いのクリニックで処方してもらっていました。
眠らないより薬を使ってでも睡眠とったほうが良いからなんです。

しかしいつまでも薬に頼っているわけにはいきません!
薬離れをしていくために、日頃から眠れるための環境を整えておくことも大切な要素です。
2015-02-15 001 - コピー.jpg
具体的にいうと、快適に眠れるような寝室作りをしてみてください。

睡眠をとるのに適した部屋の温度は、夏は23~25度、冬場は13~15度、
湿度は50~60%だそうですよ。
でも、この調節はエアコンに頼るしかないですかね?電気代が・・・心配ですね。

次に、部屋が明るいと気になって眠れない人もかなりいらっしゃいます。
これは理に適っていて、眠るためのメラトニンというホルモンは、
明るいと分泌されにくい傾向があるようです。

普通、寝室は暗くして寝ますよね。でも暗闇は危険ですから気をつけてください。

それから音です!都会に住んでいると何かと生活音がウルサイもんです。
車や電車の音、酔っ払いのおらび声、などなど。

生活音を遮断するため防音シートを貼るなどの方法もありますがお金がかかりすぎます。
そこで一つの方法として、リラックス出来る音楽を低音で流してみるのも効果的です。

あと、リラックスする香りを利用するアロマテラピーも効果的です。

アロマテラピーでは、交感神経をリラックスさせるラベンダーの香りが不眠症にも効くとされています。
少量のアロマオイルをベッドカバーなどにふりかけたり、枕元に置いたりすると、効果が期待できるようですよ。

さていくつか述べてきましたがいかがでしたか?

寝室の環境作りは、部屋の模様替えなど電気代も含めお金が絡んでくることになります。
あまりお金をかけすぎないよう自分にあったことを取り入れてみるのがいいんですが、

どうせかけるお金なら体にやさしく効いてくれる、そして、ストレス解消に良い、リラックスできるサプリに投資もいいかもしれませんね。自分のために!

コチラオススメできますよ!詳しいことはHPで確認を!


マインドガード





インフォメーション
テキストテキストテキストテキスト
インフォメーション
テキストテキストテキストテキスト
インフォメーション
テキストテキストテキストテキスト
Copyright © 眠りたいのに眠れない!不眠症改善 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。